2010年04月16日

オイラのご幼少時代

おいら大吉、4歳。人間で言うと、30代半ばってとこサ。
でも、おいらにもこんな青かった時代があったのサ。
2006年1月下旬の寒い日、おいらはDAIKO邸での生活が始まったョ。

画像 188b.JPG
(初めてのマーキング)

画像 150b.JPG
(念願のマイホーム。)
しばらくは、DAIKOがここに入って遊んでくれた。まだトイレができてなかったから、勝手に放し飼いはさせてもらえなかったぜ。矢崎潤先生のしつけ本にそって、「独り暮らしで仕事している人も、この方法でトイレのしつけができます」という方法を実行中な図。続きを読む

ニックネーム DAIKO at 12:18| Comment(0) | 大吉との出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

お腹一杯

image/daikichi2005-2008-09-03T18:43:09-1.jpg
ドライフードのパッケージに書かれた分量通り、大吉に与えていた頃。
まるまるしています(^w^)

その後、やっぱりあげすぎなんじゃないかと感じ、少し減らしました。

そして、またまたその後、幼稚園の先生からも「あげ過ぎてます」と言われ…。

あのまま、あげ過ぎてたらいったい…(°□°;)
ニックネーム DAIKO at 18:43| Comment(0) | 大吉との出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手のひらサイズ

image/daikichi2005-2008-09-03T18:31:01-1.jpg
良く、子犬を選ぶ時は、
「おいで」
って言って
大喜びですぐに飛びついてくる子犬より
ゆっくりトコトコ歩いて来る子犬の方が
しつけもし易いし
そういう子犬を選びましょう
とかって言うけど…。

いざ「選ぶぞって」時に、そんなに冷静になれるもんなんでしょうか!?

かく言う私も、
「絶対に厳選したブリーダーさんからキャバリアをゲットよ!!」
なぁ〜んて、鼻息荒かったけど、結局、リサーチする為にちょこっと寄った一軒目のペットショップでゲットしちゃったし…f^_^;
動きまわって抱っこするのも困難な位元気だった、大吉。
こんな大吉でも、
とりあえず、立派に育ってますよぉ〜(^_^)v

ニックネーム DAIKO at 18:31| Comment(0) | 大吉との出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

小ちゃかった

image/daikichi2005-2008-08-28T09:11:21-1.jpg
家に来てから初めて位に取った写真。

片手でひょいっと持ち上げて。
でも写りが微妙…。

ニックネーム DAIKO at 09:11| Comment(0) | 大吉との出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

こんなに小ちゃかった

image/daikichi2005-2008-08-23T20:32:58-1.jpg
大吉が来て間もない頃。本に書いてある通りに、サークルをセッティングー。
クレートとトイレを中に入れ、その周りはトイレシーツを敷き詰め…。
こんなに小ちゃかったんだなー。
ちなみに、この方法、留守番の多いわんちゃんへの「トイレトレーニング」にグーな方法らしい。うちもこれで成功しました〜。
そもそも一面トイレシーツだから失敗がない。そのうち、トイレの場所が定まってくるので楽チン。ただし、トイレを覚えるまではサークル外で「自由に」「勝手に」させてしまっては、失敗させてしまう事になるのでいけないみたいです。
ニックネーム DAIKO at 20:32| Comment(0) | 大吉との出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

大吉との出会い〜現在まで <その1>曇り雨

060402_2115~0001.jpg

去年の1月中旬に、大吉は我が家にやって来ました。
その頃から、ずっとずっとブログをやりたかったのですが、面倒くさがりの性格と知識不足から今まで始められませんでした。
なので、大吉が初めて家に来た時から今までの出来事を、衰え始めている脳をフルに使い、色々と思い出しながら書いていこうと思いま〜す。

まずは、出会いから。

ちょっぴりつらい思い出かも^^;。
Confession(告白)とでもいいましょうか。
でも、この話は避けては通れません。

実は、大吉は、私が初めて出会ったキャバリアではないのです。
なんと、犬にも「交換」といったシステムがあったのでした。
交換しますといってから約2ヵ月後に、大吉と出会いました。

最初に出会ったキャバリアは皮膚病(カイセン)を持っていて、その治療が思いのほか長引く事になり、その結果、我が家に来る事もなく「交換」する事に・・・。

つらいつらい決断でした。

悩みに悩んで、「知恵熱」まで出しながら決めた犬。
そしてまた、悩みに悩んでつらい別れを選択しました。
人間て勝手です。

店員さんとは、ペットショップで責任を持って完治させて、他の飼い主さんを見つける、という事を何度も確認しました。
良い飼い主さんに出会えている事を真に願っています。

交換決定後は心を鬼(?)にして「品定め」。
一週間経つか経たないうちに、ペットショップから連絡が。
「キャバリア入りました。見に来てください。」
すごい。すぐに他のキャバリアが入ってくるのね。
2匹を見比べたり、大きい小さい、模様がどうのこうの・・・。
まるで「物」扱いです。
もう二度とあんな思いはしたくないです。

あのワンちゃん、本当に、本当にごめんね。
その分、大吉を大切にしなくちゃ。

ちょっと長くなりました。おやすみなさい。TGIF!
NEC_0026.JPG










ニックネーム DAIKO at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 大吉との出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする